This Archive : 2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


090326

 ココのところ、ずっと暖かかったのに、昨日からまた雪です。
しかも強風付き。寒い~。

 今日はダンナが帰ってくるなり、「もう花屋がしまってて、
ホームセンターの花束しかなかった」ってバラの花束を出すんです。
…??今日、なんかお祝いだったっけ?私の誕生日はまだ先だし…。

「まさか、忘れてんの?」
「え?何?今日何の日?今更ホワイトデー…でもないか」

「…今日は結婚記念日だろ!」

!Σ( ̄ロ ̄lll)わすれてたー!!


すいません。ナチュラルに忘れてました。そーいえばそうだったね。
3×2=6で忘れなくていいよね、なんて言ってたのに、
ていうかフツー「結婚記念日忘れるなんてヒドい!」って
言う側じゃないのか、私。
と、とにかくありがとう、ダンナ。来年の記念日は忘れないようにするよ。
晩ご飯も焼き魚じゃなくて、豪華ディナーにするよ。
生け花下手でスイマセン…

背景が汚い…
「きれいだねー」「そうだねー」何て言ってそうですが、
ポポさんはかすみ草を食ってます。大丈夫なのか?

最近急にシロさんの換羽が始まって、つんつん頭です。筆羽見える?
超ほぐしたいけど、我慢です。なぜなら、ちょっとだけ、って無理に触ったら
シロさんが暴れて、筆羽が抜けて血が出ちゃったから…。
うう、シロさんごめんなさい。
ほぐほぐしてる
今日シロさんが私の手の上で羽づくろいしてくれましたー!
わーい!かわいい!手に感じる重みが気持ちいい-!
…最近こうやって鳥にかまけてたからきっと忘れたのね。
この調子で誕生日も忘れれば年も取らないかも!
(アホです)
スポンサーサイト
TrackBack : 0
Commnet : 2
Category : 未分類


090321

 さぁ~て、本日のシロポポは?
そらそっちのが先輩かもしれんけど、年はこっちが上なんやでぇ
かごを乗せてるラックをビニールでくるんで温室仕様にしております関係で
ちょっと不鮮明な画像ですが、ポポさんが何やら熱心に話しかけております。
何を話してるんでしょうねぇ。ききみみずきんが欲しいですな。
年は関係ないんじゃー
まぁ、どつきあいも織り交ぜつつ。

ところで、白ポポの出身地ですが、
シロさん=京都生まれ
ポポさん=東京生まれ

2羽のコニュニケーションがいまいちなのは
このせいじゃ無いかと。
つまり、修学旅行先で地元ヤンキーとトラブルを起こす、
そんな感じじゃないかと。
最後は夕焼けの土手で、「お前もなかなかやるじゃねぇか」的な。

…ないと思います。

TrackBack : 0
Commnet : 0
Category : 未分類


090320

 今、ダンナがバイオ5をやってます。私が買ったヤツです。
最近、ゲームをやり通す気力が無いので、オートでストーリーを
見せてくれるものなので全然かまわないのですが、
バイオ5はあれですか?大画面テレビを買わせるための陰謀ですか?
表示される文字が小さくて見えないんですよ!
超目が疲れるって話ですよ!
シロポポコンビはなんだかうまくやってるみたいですよ!
念のため餌入れは2つ入れたのですが、上手に2羽で
使い分けしてるようです!もう、このまま同居すればいいじゃない!

…私は何に切れているのでしょうか。とりあえず、
体力がつきるまでゲーム出来た学生時代が懐かしいだけです。
とりあえずセキセイインコ語でお願いします。

シロさんにニッコニコで話しかけてるアンパンマンは三男です。
ドン引きしてるのにとりあえず話を聞いてあげるシロさんは男前。
TrackBack : 0
Commnet : 2
Category : 未分類


090319

 今日は風が強かったです。とても暖かい風で、
春一番かな?

 シロさんはジャンボセキセイですが、とても
立派な鳩胸です。この姿勢、何かに似ている…
どぉーん

 …ああ、オードリーの春日です。
い、いや、シロさんはあんなキモキャラではないはず!

 シロポポコンビですが、何となくいけそうな気がしたので
かごの仕切りを外してみました。
お試し同棲

まぁ、小競り合いはあるものの、
以前のようにシロさんが執拗にポポさんを追い回す事も
無くなったようなので、しばらく様子を見ようと思います。
仲良くなってくれればいいなー。
TrackBack : 0
Commnet : 0
Category : 未分類


090316

人事異動の季節ですね。去年に引き続き、
もっと一緒に仕事をしたかった上司が異動してしまい、
ちょっと凹んでおります。

 シロさん達は相変わらず一触即発…。
広いところにいる時はそんなでも無いんですけどねぇ…。
なにやら緊張感が…
ボク達仲良し!
ホントですか?
ちゅーだってしちゃうし。(ホモですか)
おりゃー
ちょっと肩がぶつかったとかそんな理由でケンカを始めるヒト達、いや鳥達。
いつまでも応急処置的に鳥かごを仕切ったままでいる訳にも
いかないので、もう一つかご購入を検討中なんですが、
安い籠をもう一つ買うか、たっかいけど大きな鳥かごを
仕切って使えるのにするか、迷ってます…。
高い方にしちゃおうかな。

 上司が、異動した先で私の噂を聞いた時、その人が
失望しないように、頑張らないと。



TrackBack : 0
Commnet : 0
Category : 未分類


090311

 さてさて、我が家にやってきたポポさんですが。
あわよくば、シロさんと同居出来るかな?なんて
思ってたんです。

 シロさん、ほらほら、新しいお友達だよ~。
仲良くして…ね…って、シロさん?ポポさんの
羽根抜いちゃだめだよ?ダ、ダメだって…。

 ポポさんの羽衣が気になるのか、執拗にポポさんを付け狙う
シロさん。そして容赦なくポポさんの羽を…。
わあきれい
 
 こりゃダメだ。やっぱりオス同士は同居は無理なのか?
とりあえず、このままではポポさんがやられてしまうので

?!

仕切ってみました。

そのポーズは…

 イエス、フォーリンラブ。
とか言ってる場合じゃない。2羽ともナワバリ意識満載です。
やっぱりケージを増やすべきか…。

 こんな2羽なのに、片方をケージから出すと
激しく呼び鳴きするんですよぅ~。 

TrackBack : 0
Commnet : 4
Category : 未分類


090310

 実家の近所に商店街がありまして、その中に私が子供の頃から、
多分生まれる前からず~っとやってる小鳥屋さんがあるんですね。
広くはないお店に、セキセイからオウムからフィンチまで
もうぎっしり。ハムスターもいます。子供の頃は、そのお店の紅スズメを
道端から眺めるのが大好きでした。でも母は、あの年代にありがちな
「自宅で鶏をしめたら首が無いのに鶏が走り回るのを目撃→
鶏怖い→鳥全般怖い」というトラウマを持っており、
母といる時はその店の前で立ち止まる事が出来なかったのでした。

 そんな母に遠慮してか、なぜかずっと入れなかった
その店に、ふっと入ってみたのです。
そしたらもう、相変わらず小鳥がいっぱい。
フィンチは文鳥やジュウシマツ、キンカ鳥やコキン鳥、
あとはもう名前を知らない種類もいて、どんだけ効率よく
籠を並べてんのかって感じです。黒七宝という黒白ツートンカラーの
フィンチが渋くてかっこ良かった…。ぜひ和風の籠に入れたい!
と思いましたが原産地はスペインなんですって。
明るい日差しに、あの黒が映えるのかしら。

セキセイインコも壁一面に籠が…。
中でもバイオレットの子は一つの籠に
まとめられて、「高級バイオレットセキセイ」
なんて紙が貼られてました。バイオレットは
高級なの?そうなの?

私、セキセイインコの羽色の流行とかには
疎いんですが、おなかや背中はブルー、羽は
白のセキセイがいっぱいいました。
ブルーの方が売れるのかな?

ジャンボセキセイも羽衣もいっぱい…。
ずいぶんセキセイインコに力の入ったお店です。
やっぱり小動物専門店は品揃えが豊富なのかしら。

そんな中、見つけてしまった、オパーリングリーンの
羽衣ちゃん。いや~ん、春の色…。超可愛い…。

ダンナに聞いてみたら、意外にもあっさり
「飼っていいよ」と一言。
うわーい、ありがとう!

でも、いざ飼えるとなると目移りするもので、
コバルトブルーの超絶美女羽衣ちゃんとどっちにするか
さんざん迷ったあげく、やっぱりグリーンの子に決定。
お店のご主人はもうおじいちゃんなんだけど、
飄々として面白い人でした。ブルーの子を籠に戻す時の台詞が
「はいはい、あんた不合格~」って。
いや、不合格じゃないよ!すっごい美人だよ!だから私が
飼わなくても、すぐに次の里親さんが見つかると思って…。
でもそんな台詞とは裏腹に、おじいちゃんの目は優しく
笑ってて、小鳥への深い愛情が感じられて。

そんな感じで我が家にやってきた羽衣ちゃん、その名も
ポポさんー!タンポポのポポさんです。
やっと出番です。
ま、また安易な名前を…!でもでも、これを見たらもう、
ポポさんとしか…!
カッパの皿じゃありません
タンポポみたいなきれいな梵天、ほわっほわの羽衣。


ちなみにポポさんの年齢を聞いたところ、
「多分一年は経ってない」という実にアバウトな答えが。
さっきの私の感動を返して。
シロさんよりは年上…と思っていいのか?
でもくちばしはシロさんより黒いし…。
ま、どっちでもいいや!これからよろしくね、ポポさん。


TrackBack : 0
Commnet : 2
Category : 未分類


090308

 実家に帰っている間、シロさんは動物病院に預けていた。
ばあちゃんが倒れた時と、お葬式の時の2回。
もちろん連れて行く事も出来たんだけど、連れて帰った先で
十分に世話が出来なくて、落鳥させてしまうのはもう
嫌だったのだ。幸いにも、家の近所に小鳥も預かってくれる
病院があったので、電話したら品種を聞かれたんですね。
そりゃもう張り切って、「ジャンボセキセイです!」って答えたら
明らかに電話の向こうで「くすっ」っと笑った気配が…。
「わざわざジャンボって言わなくても、セキセイインコでいいじゃん」
みたいな…。

いやだってジャンボはジャンボだし!

でもシロさんの実物を見たら「あっやっぱり違う」
みたいな反応だったのでよしとする。

預けられていたシロさんは、寂しかったのか
帰ってきたら少し雰囲気が柔らかくなったような。
カキカキも沢山させてくれて、きれいなさえずりも
良く聞かせてくれて、母ちゃんはうれしいよ。

しかし、2回目に預けに行った時に衝撃の事実が判明。

シロさん、アニテクさんにめっさなついてるー!!

アニテクさんを見た瞬間に鳥かごにびたっと張り付き、
「なでなでして~」の猛アピール。

どういう事ですか、シロさ~ん?!
や、やっぱり若い女がいいのか…?!
ノーコメントで

ん?
そしてこの子は…?
TrackBack : 0
Commnet : 2
Category : 未分類


090307

 先月末、祖母が亡くなりました。

 一月末に入院したと聞いて、実家にお見舞いに行ったら
「もう、今日か明日がヤマ」と言われて…。

 正直、そんなに悪いとは思っていなかった。
いや、思いたくなかったのかな。心のどこかでは、
分かってたのかな。
何となく、今いかなきゃいけない気がして、
ダンナに無理を言って出てきたんだもの。

 去年の5月に初めて倒れて、それからばあちゃんは少しずつ、
衰えて行った。あんなに元気で、5月に倒れたのだって
人生初の入院だったばあちゃんが、帰省する度に
起き上がるのも難しくなって行く。
人の手を借りるのが大嫌いだったばあちゃんが、
介護されている。そんな姿を見るたび、心の底では
「その日」のことを考えていたのかもしれない。

 お医者さんの言葉に反して、ばあちゃんは持ち直した。
意識は戻らないままだったけど、私は一旦青森へ帰る事にした。

 それから2週間弱、ばあちゃんは息を引き取った。

 私はまたすぐ実家に帰って、母とばあちゃんの
話をした。母の話を聞くのが、私の努めのような気がしたから。

暦の関係で、葬儀まで少し日が開いたので、また青森に帰って、
今度は家族全員で帰京。3週間ほどの間に、私は3回も
青森と実家を行き来した事になる。
わがままを聞いてくれて、ありがとう、ダンナ。

 ばあちゃんは自分で骨太だと言っていただけあって、
お骨は立派なものだった。のど仏も袈裟も、きれいに残っていて、
斎場の人を驚かせていた。残った骨の量も多くて、骨壺がいっぱいに
なってしまった。84才だったのに、60代の人の量です、だって。
骨太のところや、下半身が太いとか、足の小指の爪がちゃんと伸びないとか、
ばあちゃんに似たから、私もそうなるかな?

 ばあちゃん。親不孝ものの私は、就職で家を飛び出したっきり
あんまり帰らなかったから、たまにしか会えなくて、ごめんね。
でも、子供の頃も、大人になって、親になってからも、
可愛がってくれてありがとう。ひ孫が生まれて、本当に喜んでくれて、
ありがとう。

大好きだったばあちゃん、もうゆっくり休んでね。

 

TrackBack : 0
Commnet : 2
Category : 未分類


カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

さばとら

Author:さばとら
小鳥のおうちへようこそ!
ぽちっとしていただけると
うれしいです。
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (89)

最新コメント

最新トラックバック

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 小鳥のおうち All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。